旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

様々な生物が集まる水辺のような器。楽園の器を作ること。

自作の世界を語る時、度々使う文言である。

為政者と勤労者が等しく同居する『モノツクリノクニ』

寛容な王は耳の形など気にすることもなく、唯一無二を愉しみ、活かす智慧を備えた。

貪欲な民は異形の美を享受し、王国を支えるための糧とする。

歓喜と苦悩が幾重にも層をなす歴史の台地に立つ。

眺める水辺は、平らに和やかである。

f:id:nendozaiku:20190411122134j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122144j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122228j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122306j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122344j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122425j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122506j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122538j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122629j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122711j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122759j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122846j:plain

f:id:nendozaiku:20190411122920j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

ここ数年の傾向。

恵比寿、大黒、招き猫に福助。そして、とめどなく繰り出される吉祥デザイン。そこにブラックなスパイスを効かせ、陰影ある縁起物をひたすら創作する。

既に『まんぷく』ではあるが、福を求める胃袋に底はない。飢餓が共存するアンバランスに畏れを抱きながら、喰らう毎日。

『新春まんぷく お年賀展2019』 FEI ART MUSEUM YOKOHAMA   

展示景観

 

FEI ART MUSEUM YOKOHAMAは、画家としての一面を持つ眼科外科医・深作秀春氏が2012年に開設。横浜・六本木の眼科ビルに併設されたギャラリーも含め、常時、アートや工芸の企画展を開催している。

治療と共に審美眼の醸成に注力。そして作家を見守る愛ある眼差し。

まさにスーパードクターである。

f:id:nendozaiku:20190227015820j:plain

f:id:nendozaiku:20190227020701j:plain

f:id:nendozaiku:20190227020800j:plain

f:id:nendozaiku:20190227020903j:plain

f:id:nendozaiku:20190227020926j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021027j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021039j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021135j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021153j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021215j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021224j:plain

f:id:nendozaiku:20190227021234j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

吉祥奇譚、今年の創作にまつわる不可思議な物語は『足利・乾』編へ。年が変われば6月に、都心でありながら未踏の街での個展も控えている。
藁の交換から始まったお伽噺の様な創作の旅は、振り返れば当時、赤坂にあった『乾』との出会いから。時は経ち、既に大きな宝を手にしてはいるが、未だ長者でないことに安堵する。

f:id:nendozaiku:20181229014649j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015159j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015233j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015239j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015249j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015307j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015341j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015344j:plain

f:id:nendozaiku:20181229015413j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

 

幸福にも満ち欠けはあるが、実体は円いのだから気にすることはない。

『どうぞお入りください』

補うものがここにある。

f:id:nendozaiku:20181205022610j:plain

f:id:nendozaiku:20181205022622j:plain

f:id:nendozaiku:20181205022816j:plain

f:id:nendozaiku:20181205022911j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023001j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023040j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023141j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023215j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023328j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023418j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023526j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023609j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023642j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023744j:plain

f:id:nendozaiku:20181205023814j:plain

f:id:nendozaiku:20181205024126j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://:title]

 














 

物静かな青年は、ドイツからの旅行者。スタッフを介して会話をした。

昨年7月の展で作品を購入したとのこと。偶然ではあるが、不思議な巡り合わせでもある。今回の旅で、再び桃源郷に迷い込んだのだから。

展示台を巡る冒険がようやく終わり、レジ前に立てば、そこは東京。

戻ったことに気がつくが、唯一の宝を手にしているのだから夢ではない。

またいつか入口が見つかるはずだ。

f:id:nendozaiku:20181027012203j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012259j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012347j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012446j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012609j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012702j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012757j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012904j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012922j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012944j:plain

f:id:nendozaiku:20181027012951j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013051j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013101j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013120j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013128j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013204j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013232j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013243j:plain

f:id:nendozaiku:20181027013344j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

大黒枡と恵比寿枡を作った。

窯出し後、早速水を入れ試してみる。盃に注ぐには少々加減を要するが、機能としては問題なし。安堵し、二神に向かい手を合わせた。

神の口から湧き出ずる酒は、掌中の泉を満たす。畔に立ち、すくい取る心は間違いなく救われる。

 

昨年に続き、六本木ヒルズ・Art & Design Store・A/Dスペースにての個展。

入口左ショーケースにも並ぶ予定。

在店日・5、6、7、8、9、10日

ショップなので常時いませんが、周辺にはいます。スタッフへお知らせください。

f:id:nendozaiku:20180930195853j:plain

f:id:nendozaiku:20180930195908j:plain

f:id:nendozaiku:20180930195945j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200014j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200041j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200122j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200130j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200145j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200159j:plain

f:id:nendozaiku:20180930200214j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

先日、蔵のギャラリーでの展を開催した。設えてある展示台や棚もそこにふさわしいものとなるが、『面白い台はないか』と、毎回わがままを言う作家のために、カフェ&ギャラリー郷里の店主・松本さんは今回も用意してくれていた。

苔の付着した朽ちかけの台の上に、ここでは初登場の曲者キャラを3点置き満足。

この作品展のための製作は、ここで漸く完結となる。

f:id:nendozaiku:20180804020324j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020402j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020425j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020448j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020518j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020540j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020555j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020633j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020656j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020716j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020726j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020749j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]