旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

先日、蔵のギャラリーでの展を開催した。設えてある展示台や棚もそこにふさわしいものとなるが、『面白い台はないか』と、毎回わがままを言う作家のために、カフェ&ギャラリー郷里の店主・松本さんは今回も用意してくれていた。

苔の付着した朽ちかけの台の上に、ここでは初登場の曲者キャラを3点置き満足。

この作品展のための製作は、ここで漸く完結となる。

f:id:nendozaiku:20180804020324j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020402j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020425j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020448j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020518j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020540j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020555j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020633j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020656j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020716j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020726j:plain

f:id:nendozaiku:20180804020749j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

小さな城下町、久留里の街道はずれに広がる田園。その先にある古民家カフェ&ギャラリー郷里の店主夫妻とは長い付き合い。父君が脱サラして開いたカフェも21年目を迎える。店舗、ギャラリーに体験工房、家具や内装に意匠を凝らし、家族や仲間と作り上げてきた。一方で、進化し続ける千葉カフェ・スタイルも直視。雑誌で度々紹介されるのは必然であるが、慌てず騒がず、多肉植物のように『ジワリ』と変化するその姿勢は、店の落ち着きとして体現されている。

親子2代に渡る時間の中で、美しく均等に堆積した客層は、実に眺めの良い景色。

店主夫妻の素敵にデザインされた人間性の賜物である。

f:id:nendozaiku:20180627224646j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224652j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224726j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224753j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224818j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224859j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224841j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224942j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224956j:plain

f:id:nendozaiku:20180627225005j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

南青山にある小原流・東京支部に、昨年依頼を受けた花器4点を納品。

僕の器は饒舌である。それでも花との会話が成り立つことに満足。もっとも、語り合う内容についてはあまり関心はない。

そういえば、流派は忘れたが90年代に、ある華道家が掛花入を購入してくれた。カラフルな作品である。どんな花を活けるのか尋ねると『これを花として活かします。』

陶芸家としてスタート間もない頃の話。

自身が活かされる心持ちになったことを憶えている。

f:id:nendozaiku:20180617145355j:plain

f:id:nendozaiku:20180617145423j:plain

f:id:nendozaiku:20180617145446j:plain

f:id:nendozaiku:20180617145508j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

 

降り注ぐ雨は、豊饒の大地を満たし、王の口から滴る

『王の Flower pot』

f:id:nendozaiku:20180613015125j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

初夏、朝の日差しを浴び、深夜の片隅を照らすフランスのヴィンテージ鉄道ランタン

f:id:nendozaiku:20180608013007j:plain

f:id:nendozaiku:20180608013048j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

西荻窪の骨董屋で大黒様の置き時計に出会った。

ということで、恵比寿時計が出来上がる。

大黒時計は、未だ文字盤の配置を思案中。

f:id:nendozaiku:20180604011251j:plain

f:id:nendozaiku:20180604011351j:plain

f:id:nendozaiku:20180604011319j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]

エミール・ガレ 自然の蒐集 展』開催中の箱根・ポーラ美術館・ミュージアムショップに常設補充の納品。美術館のカラーもあり、ワルキャラのスカルやメッセージ性があるカタカナなどの文字入り柄はNG。ということで、ギリギリも含めた優等生キャラを選ぶことになる。しかし、いたるところでブラックコメディが演じられているこの世界。優等生のマスクであろうと、外せば誰もが善悪見分けのつかないスカル顔。

必要になるのは、眼窩の暗闇に表れる情動を理解する感受性なのだ。

そういえば『黄金バット』が高らかに潔く笑いながら悪人を倒し続けたことを思い出した。

f:id:nendozaiku:20180506014549j:plain

[http://]