志村観行・旅する楽園・海座工房/blog &HP

contact •shimura-umiza@rx.tnc.ne.jp•怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

先日の大雪後、本業の窯より先の初かまど。

二連にしたくなり年明けにささっと改造する。

レンガを積み上げているだけなので変幻自在、これで湯沸かしとピザ焼きが同時進行できる。f:id:nendozaiku:20220118005958j:image

同時進行と言えば、先代から大変お世話になっている足利・乾ギャラリーで酒器小品展を開催した。

4月の青山・モルゲンロートにての個展前、ウォーミングアップを兼ねた展なので敢えて告知せず

f:id:nendozaiku:20220118011122j:image
f:id:nendozaiku:20220118011136j:image
f:id:nendozaiku:20220118011144j:image
f:id:nendozaiku:20220118011129j:image
f:id:nendozaiku:20220118011120j:image
f:id:nendozaiku:20220118011110j:image
f:id:nendozaiku:20220118011117j:image
f:id:nendozaiku:20220118011113j:image
f:id:nendozaiku:20220118011139j:image
f:id:nendozaiku:20220118011149j:image
f:id:nendozaiku:20220118011125j:image
f:id:nendozaiku:20220118011151j:image
f:id:nendozaiku:20220118011127j:image
f:id:nendozaiku:20220118011134j:image
f:id:nendozaiku:20220118011115j:image
f:id:nendozaiku:20220118011141j:image
f:id:nendozaiku:20220118011146j:image
f:id:nendozaiku:20220118011132j:image

今年リニューアルして名称も変更、森美術館ショップにて6度目の個展。

森アーツセンターギャラリーで開催中の鬼滅の刃原画展効果も重なり連日賑わうショップ。

本来半数近くは海外客であり、その割合分の貢献をしていたが、2年続けて皆無。

しかし日本恋しの購買欲は衰え知らず。

カナダ、アメリカ、ロシア、台湾、中国等々ネットで繋がり旅立つ器。

複数のスカルプレートに刺身が盛られる光景を、ダークユーモア溢れるトロントで見られるかも。

志村観行展、12月12日まで

f:id:nendozaiku:20211201221622j:image
f:id:nendozaiku:20211201221635j:image
f:id:nendozaiku:20211201221605j:image
f:id:nendozaiku:20211201221614j:image
f:id:nendozaiku:20211201221617j:image
f:id:nendozaiku:20211201221627j:image
f:id:nendozaiku:20211201221630j:image
f:id:nendozaiku:20211201221611j:image
f:id:nendozaiku:20211201221632j:image
f:id:nendozaiku:20211201221625j:image
f:id:nendozaiku:20211201221619j:image
f:id:nendozaiku:20211201221608j:image
f:id:nendozaiku:20211201221602j:image

今回は、スカル柄がいつにも増して多い展となる。

「毒を以て毒を制す」

コロナ禍の終焉と憚ることなく酒を呑む生活の新たな始まりを、聖なる夜と大いなる晦日を目前に控えた東京で祈る。

されど厳粛な場には程遠い享楽の街。祈り方も様々。軽くなりさえすればそれでいい。

軽妙洒脱な酒器を愛でながら、DECO Skull Piano が奏でる音であなたは歌を口ずさむ。

脳内JAZZ LIVEは誰にも邪魔されることはない。

f:id:nendozaiku:20211113012553j:image
f:id:nendozaiku:20211113012551j:image