旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

4月初旬。様々な生物が集まる楽園の水辺に青年が足を踏み入れた。

終わりかかる冬を背負った彼の表情が緩んでいく。

北国、札幌からやって来たのだから仕方がない。

インスタグラムのフォロワーだと教えてくれた。

人も加わってこその楽園は、やはり眺めの良いものである。

緊張と警戒が雪解けの様に消え去り、にこやかに次の目的地へ向かう彼の肩には、

心を許した白鷺が止まっていた。

f:id:nendozaiku:20190502013437j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]