読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

板橋・瑞玉ギャラリーは、70年代から続く器の名店&ギャラリー。オブジェ陶からスタートした僕にとっては、海の向こうの存在。『焼物』といっても多様な表現世界だ。対岸から眺めるだけの関係だって当然ある。器を扱う店主は王国の主。そのこだわりは、絶対なのだ。創業者である母君が目を光らせるその店に、精神の継承と解釈による展開を求める彼との信頼関係が、訪れる機会を用意してくれた。母君の強烈な一撃で、得意技のスカル柄は封じられたが、バラバラになったシマウマ柄なら骨以前。だからいいかと。後日納品。

f:id:nendozaiku:20160308181412j:plain

f:id:nendozaiku:20160308181510j:plain

f:id:nendozaiku:20160308181554j:plain

瑞玉ギャラリー

 

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]