旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

2月、妻が一年おきに地元ギャラリー、草の花で開催する陶雛と器の展。毎度のことながら女性達の雛人形に対する思い入れには感心する。盛況のうちに終了。

僕の解釈ではあるが、雛人形とは、『雅』が『ヒトガタ』となって具現化されたもの。そこに『カワイイDoll』は存在しない。品格漂う桃の花と共に、繰り返す季節の彩りとして、様々な家族の歴史の一部になってゆく。

f:id:nendozaiku:20180227013713j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013738j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013800j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013824j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013840j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013904j:plain

f:id:nendozaiku:20180227013936j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]