旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

小さな城下町、久留里の街道はずれに広がる田園。その先にある古民家カフェ&ギャラリー郷里の店主夫妻とは長い付き合い。父君が脱サラして開いたカフェも21年目を迎える。店舗、ギャラリーに体験工房、家具や内装に意匠を凝らし、家族や仲間と作り上げてきた。一方で、進化し続ける千葉カフェ・スタイルも直視。雑誌で度々紹介されるのは必然であるが、慌てず騒がず、多肉植物のように『ジワリ』と変化するその姿勢は、店の落ち着きとして体現されている。

親子2代に渡る時間の中で、美しく均等に堆積した客層は、実に眺めの良い景色。

店主夫妻の素敵にデザインされた人間性の賜物である。

f:id:nendozaiku:20180627224646j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224652j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224726j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224753j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224818j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224859j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224841j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224942j:plain

f:id:nendozaiku:20180627224956j:plain

f:id:nendozaiku:20180627225005j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]