旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

年に一度、地元、伊豆高原で『ゆる〜い』作品展を夢見て昨年に続き開催。

『ドクロ』に理解ある店主。首都圏から訪れる多彩な常連客。人気に左右されるリゾート地にあって、変わらぬ姿勢を貫くJazz Cafe Butter Note。

徒歩で大室高原バス停へ。昼をカフェで過ごした後は、大室山行きのバスに乗り、程よいところで途中下車。あとは溶岩台地の雑木林を抜けるだけ。景色は歩く速度で流れてゆくが、意識は小径を駆け下りる。

始まれば初日を楽しみ、それで終わり。『ゆる〜く』開催、未だ夢のうち。

家路につきながら仕事場へ向かうのだから仕方がない。

クヌギやコナラが芽吹くまであともう少し。

海はまだよく見えている。

f:id:nendozaiku:20180330012710j:plain

f:id:nendozaiku:20180330012847j:plain

f:id:nendozaiku:20180330012934j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013024j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013156j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013246j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013405j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013510j:plain

f:id:nendozaiku:20180330013532j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]