旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

リゾート地というわけでもないが、千葉の久留里周辺は外観、内装共に本気モードのこだわりカフェが点在するエリアだ。素朴な古民家カフェギャラリー郷里は、久留里城址の下、街道沿いの少々寂れた街を抜けた田園地帯にある。DMはこちらで作る条件なので、毎回カフェ郷里やその街に合わせた雰囲気になるようデザインしている。そして今回、趣を変えてみた。ボトルの画像のみを次男に送り、グラフィックはお任せ。一応、モランディやベン・ニコルソンにヨーゼフ・ホフマンのデザインとかルネサンスのナンやら、その辺意識してみてと。当然のことながら、ネットからの情報検索は、クリエイトの妨げになるのでできる限り禁止。資料本をドカンと渡しお願いする。ページをめくりながら美を探索する行為は大切なこと。とはいえPCを駆使する作業でもあるわけで、だんだん厄介になる要求に、そろそろフォトショップを買ってやらないと申し訳ないかも。

 

f:id:nendozaiku:20161022190024p:plain

f:id:nendozaiku:20161022190052p:plain

f:id:nendozaiku:20161022185846j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190131j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190223j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190317j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190358j:plain

f:id:nendozaiku:20161016025927j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190849j:plain

f:id:nendozaiku:20161022190944j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]