読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

2003年、都美術館で開催『大英博物館の至宝展』にて限定販売された『ルイス島のチェス駒』  あの頃、美術品レプリカやフィギュア製作で知られる海洋堂の、秋葉原ラジオ会館内直営店にはよく出入りしていたが、チェス駒は至宝展のみ。さらには会場内にて販売の巧妙な仕掛けに、不本意ながら観覧者の大行列に加わることに。秋葉原中野ブロードウェイに棲息する奇妙な奴らを探しはするが、コレクションし整然と並べ、眺めることは好きではない。あくまでもインテリア素材として活用するものだ。

標本箱の底板の一部を抜き、陶芸材料のシャモット(砂)を入れ、チェス駒を並べる。底板に鉛板を取り付け、再度はめ込み、壁掛け仕様にして出来上がり。

居間の所々に出現するエキセントリックな世界を眺めながら、本業のための構想を練る。その作業、名付けて『夜間楽園道行』

f:id:nendozaiku:20160918144058j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144141j:plain

 

f:id:nendozaiku:20160918144235j:plain

 

f:id:nendozaiku:20160918144359j:plain

 

f:id:nendozaiku:20160918144438j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144553j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144528j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144657j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144720j:plain

 

f:id:nendozaiku:20160918144804j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144815j:plain

 

f:id:nendozaiku:20160918144921j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144931j:plain

f:id:nendozaiku:20160918144953j:plain

f:id:nendozaiku:20160918145014j:plain

f:id:nendozaiku:20160918145042j:plain

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]