読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する楽園・海座工房

怪獣、猛獣、草食獣、猛禽類、爬虫類、昆虫、様々な生物がひしめき合う水辺の様な器を作っている。楽園の器だ。そして楽園は旅をする。

池袋西武での個展に湯島の居酒屋『シンスケ』の四代目がやって来た。彼は箱を取り出す。シンスケの徳利が入っていた。昨年、店で呑んだおり、シンスケの徳利を柄にした瓢箪形の豆皿をプレゼントしている。『このリベンジはいずれさせてもらいます。』と不敵な笑みを浮かべていたことを思い出す。しかしそこにあるべき名を見て驚いた。『カンコウ』僕の名前、観行(のりゆき)は皆読めず、友人達は今でもそう呼んでいる。自作が並ぶ個展会場で、陶芸家は居酒屋シンスケの徳利に向かいゆっくりと頭を下げた。道場荒らしに勝利し立ち去る矢部君の後ろ姿を決して忘れない。

f:id:nendozaiku:20150116042959j:plain

f:id:nendozaiku:20150116043034j:plain

f:id:nendozaiku:20150116043048j:plain

umiza-kobo.jp

工芸ブログランキング参加中。是非クリックを!

[http://]